私たちの「経営理念」をご紹介します。


経営理念


私たちのバネ製造技術で お客様の夢を叶える道具の実現に貢献します。
 
今日できないことは明日できるように、日々進歩を続け
 
より良い仕事、より良い職場を追求します。

私たちのバネ製造技術で お客様の夢を叶える道具の実現に貢献します。

 人間は、狩りの道具や農耕のための道具、コミュニケーションのための道具など、数々の発明によって発展を続けてきました。道具を作ることを通じて、生活をより良いものにしていくことは人類の根源的な営みであると私たちは考えます。
 私たちの作るばねは、家電、自動車、建築、農業、鉄道や電気、道路などのインフラ関連といったあらゆる場所で使われています。しかし、それでもまだ我々の生活は十分というわけではありません。もっと快適で、もっと安全な生活を、いつまでも持続していけるような形で次世代に繋いで行きたいという素朴な夢に、ばね作りという仕事を通じて貢献することが私たちの使命です。


今日できないことは明日できるように、日々進歩を続け
より良い仕事、より良い職場を追求します。

 より良い仕事、より良い職場を追求するためには、これらの矛盾を一つ一つ解決していかなければいけません。そのためには自分たちに今できることをコツコツとやること、だけでは足りません。「今日できないことを明日できるように」しなければ、これらの矛盾を根本的には解決していけないと私たちは考えます。 より良い仕事とは、近江商人の「三方よし」の精神の中にあると私たちは考えます。三方よしとは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」のことで、商売を通じて、売り手と買い手がともに満足し、同時に社会貢献もできるのがよい商売であるという教えです。会社に関わる全ての人が、少しでも幸せになるような会社こそ、良い会社である、という考え方だと思います。

 しかし、商売というものは矛盾に満ちています。売り手は少しでも高く売りたいものですし、買い手は安く買えたほうが満足します。働くということもまた矛盾に満ちています。幸せに生きるためにはお金も必要ですが、お金を得るためだけの時間の切り売りのような仕事は苦行です。幸せに生きるために働いているはずなのに、仕事が人生を不幸なものにしてしまうのです。売り手、買い手、世間、これらすべてを満足させるのは容易なことではありません。

 より良い仕事、より良い職場を追求するためには、これらの矛盾を一つ一つ解決していかなければいけません。そのためには自分たちに今できることをコツコツとやること、だけでは足りません。「今日できないことを明日できるように」しなければ、これらの矛盾を根本的には解決していけないと私たちは考えます。



宮川バネ工業株式会社